南大塚都電沿線に1200本のバラが四季を通じて咲いています

バラ開花情報2022

大塚駅南口に出ると天祖神社の石碑の前の花壇が、毎年バラが咲くまでの間、目を楽しませてくれます。

バラは沿線、駅前ともつぼみが膨らみ、開花も間近のようです。18日時点のバラの状態をおしらせします。いつも駅前は一番早く開花しますので、今年もつぼみがたくさん膨らんでいます。

またミニバラやつるバラの開花も早いので、一部花をつけているのもあります。

沿線ではつぼみが膨らんでいるのは数カ所で、一番多いのは、やはり沿線で一番早い、オールドローズのエリアになります。イギリスのバラエリアでは葉の中に隠れていますが、1本のつるバラが3つほど花を開いています。
いずれにしても、あと10日もすればたくさんの開花が見られるとおもいます。

駅前通路のつぼみ

駅前線路際のミニバラ。葉がうどんこ病になっています。

沿線のつぼみの状況

開花が早ければ、線路脇の草花との饗宴も楽しめそうです。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930